バナー

  • デザイナーブランド「ミラベラオム」
  • 家具のコンフォートスタイル
  • 北海道小樽のスイーツルタオ
  • ハーフェレ社のパーツの販売
  • リーフファニチャーの家具
無料ブログはココログ

« インガ・センペの椅子 | トップページ | パトリシア・ウルキオラの椅子 »

2016年4月24日 (日)

アンナ・カステリ・フェリエーリの椅子

彼女は、1918年イタリア・ミラノに生まれ、1943年にミラノ工科大学建築科を卒業した。

当時は、名門ミラノ工科大学で学んだ女性は珍しく、彼女はパイオニア的存在であった。

卒業後、「フランコ・アルビーニ」の事務所で働く、一方で「カサベラ・コンティヌエタ」等の

デザイン誌の編集に携わった。

1959年よりデザイン活動を開始し、1966年から「カルテル」社のデザインを担当した。

この「カルテル」社は、夫のジュリオ・カステリが創業した。

1969年には、積み重ねる収納棚のユニット「コンポニビリ」(下の写真)をデザインした。

Photo

「コンポニビリ」は、2段と3段があり、マルチチェストとして開発され、どこでも使用できる。

1979年には、「スツールグループ」(下の写真)の組立て使用することができる簡単なス

ツールをデザインした。

2_2

この「スツールグループ」には、強化セミポリプロピレン樹脂の座に四本のパイプを差し込

むことによって座と脚部が出来あがり、座の上部の突起にパイプの背や持ち手を差し込む

ことによってスツールが出来る。これらの組合せによって多くのバージョンの椅子が出来

あがる。

1985年にデザインされた椅子に、「スタッキングチェア」(下の写真)がある。

Photo_5
この「スタッキングチェア」は、製品開発に2年の歳月と1億2500万円の設備投資をして

完成させたポリプロピレンの一体鋳出成型された製品である。座に開いた穴に脚を通して

スタッキングされる。このデザインは、彼女の「プラスチックにエレガントな形態を与えたい」

というコンセプトから生まれた。

他には、「ラウンジチェア」(下の写真)がある。

Photo_7

「ラウンジチェア」は、フレームはABSとポリカーボネートで出来ている。

彼女は、生前「ミラノ工科大学」で「デザインとテクノロジーの関係論」を講義していて、常に

家具をインダストリアルデザインとしてとらえたイタリアにおける女性デザイナーのパイオニ

アであった。

今回は、「20世紀の椅子たち」他を参考に紹介しました。

今回は、ここまで!!

☆参考

Kartell(カルテル) EU正規品 コンポニビリ ラウンドチェスト3段 COMPONIBILI 3 ELEMENT 4967

« インガ・センペの椅子 | トップページ | パトリシア・ウルキオラの椅子 »

デザイナー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2013781/65119536

この記事へのトラックバック一覧です: アンナ・カステリ・フェリエーリの椅子:

« インガ・センペの椅子 | トップページ | パトリシア・ウルキオラの椅子 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バナー2

  • フライミー
  • 楽天市場のおすすめ
  • 輸入家具のゴーフィールド
  • パナソニック
  • 工場直営家具のコンフォートスタイル
  • メンテナンス等の工具類
  • グランデのお手頃家具