バナー

  • デザイナーブランド「ミラベラオム」
  • 家具のコンフォートスタイル
  • 北海道小樽のスイーツルタオ
  • ハーフェレ社のパーツの販売
  • リーフファニチャーの家具
無料ブログはココログ

« インテリアホビーの家 | トップページ | インテリアカラーについて »

2014年2月25日 (火)

インテリアスタイルの続き

インテリアスタイルについて(続き)


前回の続きになりますが、インテリアのカラーは基本的に7種類くらいを使用しますが、そ

の7つの基本色を今回紹介します。

7つの基本色とは、有彩色の4色(アイボリー、ベージュ、ライトブラウン、ダークブラウン)と

無彩色の3色(白、グレー、ブラック)です。

有彩色と無彩色ををつかって、例えば、「白」の無彩色と「アイボリー」の有彩色と間に来る

のが、一般に「オフホワイト」になります。この色は、TOTOの陶器の色で言うと「ペールホワ

イト」になります。

このように基本色7色ですが、合せることによって色のバリエーションは広がって行きます。

これらの色を使って構成すると、一般的に「ナチュラルスタイル」と「モダンスタイル」のイン

テリアになります。

フローリングの木目の色によって、インテリアスタイルも変わって来ます。

暗い木目のフローリングですと、「モダンスタイル」になり、「赤味の木目」のフローリングで

は、「クラッシクスタイル」になりますが、「クラッシクスタイル」は装飾が全体的に華美になり

ます。、そして明るい木目のフローリングですと、「ナチュラルスタイル」となります。

色彩的には、暗い木目ですと、黒とダークブラウン系に近い”ウィンジ”、”ゼブラ”、”ウォー

ルナット”のあたりです。

次に赤味の木目ですが、基本的にライトブラウン系の”カリン”、”ブビンガ”になります。

最後、明るい木目では、アイボリー、ベージュ、ライトブラウン系の”チェリー”、”メープ

ル”、”シカモア”などです。

今日はここまで!

« インテリアホビーの家 | トップページ | インテリアカラーについて »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2013781/55129948

この記事へのトラックバック一覧です: インテリアスタイルの続き:

« インテリアホビーの家 | トップページ | インテリアカラーについて »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バナー2

  • フライミー
  • 楽天市場のおすすめ
  • 輸入家具のゴーフィールド
  • パナソニック
  • 工場直営家具のコンフォートスタイル
  • メンテナンス等の工具類
  • グランデのお手頃家具