バナー

  • デザイナーブランド「ミラベラオム」
  • 家具のコンフォートスタイル
  • 北海道小樽のスイーツルタオ
  • ハーフェレ社のパーツの販売
  • リーフファニチャーの家具
無料ブログはココログ

« インテリアスタイルの続き | トップページ | インテリアとカラー »

2014年2月26日 (水)

インテリアカラーについて

インテリアカラーについて

前回は、インテリアを構成している床の色について紹介しました。

今回は、壁の色について紹介いたします。

基本的には、壁の色は、床の色に合わせて、色味をそろえることになります。

○暗い床の場合は、床よりトーンを落として、ブラック、ダークブラウン系を使用しますが、

これでは、部屋が真っ暗になってしまいます。

そこで、壁は白系を使用し、建具等にブラックやダークブラウンをしますと、基本的に「モダ

ンスタイル」になります。

Inmo

上記のパースは、「モダンスタイル」のインテリアですが、壁のクロスをホワイトにして家具

等をダークブラウン、そしてガラスのテーブルに直線的なものを使用しています

○赤味のある床の場合も同様で、壁に赤味のトーンを落としたクロス等を使用すると「クラ

ッシクスタイル」になります。ベージュからライトブラン系の色の壁仕上げ材を使用する事が

多くなります。

Incl

上記パースは、「クラッシクスタイル」ですが、壁のクロスがクラッシク調のものを使用し、家

具類に猫足のあるクラッシクな物を選んでいます。

○明るい床の場合ですが、一般的に壁の色は、白からアイボリー、ベージュを使用します。

「ナチュラルスタイル」で、幅広く利用されているインテリアスタイルです。インテリアスタイル

としては、これをベースに「ナチュラルモダン」、「北欧スタイル」、「カントリースタイル」へと

使用する家具等でさらに分類されていきます。これらの見解は、あくまでも個人の見解で

、異論のある方が多いと思いますが、あまりスタイルにこだわらず、自分の好きなスタイル

を選んで、自分独自のスタイルもいいのではないかと思います。

Inna

上記パースは、「ナチュラルスタイル」で、壁のクロスをアイボリー系にして、家具類は、木

質を生かしたナチュラルな物を選んでいます。

今回は、ここまで! 次回は、カラーについて

« インテリアスタイルの続き | トップページ | インテリアとカラー »

インテリアカラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2013781/55142521

この記事へのトラックバック一覧です: インテリアカラーについて:

« インテリアスタイルの続き | トップページ | インテリアとカラー »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バナー2

  • フライミー
  • 楽天市場のおすすめ
  • 輸入家具のゴーフィールド
  • パナソニック
  • 工場直営家具のコンフォートスタイル
  • メンテナンス等の工具類
  • グランデのお手頃家具